window.open

新しい URL を開き [InAppBrowser](inappbrowser.html) インスタンス、現在のブラウザー インスタンスまたはシステムのブラウザー。

var ref = window.open(url, target, options);
  • ref: への参照を [InAppBrowser](inappbrowser.html) ウィンドウ。(InAppBrowser)

  • url: (文字列)をロードする URL。電話 encodeURI() 場合は、この上の URL は Unicode 文字を含みます。

  • ターゲット: ターゲット URL は、既定値は、省略可能なパラメーターをロードするを _self(文字列)

    • _self: コルドバ WebView URL がホワイト リストにある場合で開きます、それ以外の場合で開きます、InAppBrowser.
    • _blank: で開きます、InAppBrowser.
    • _system: システムの web ブラウザーで開きます。
  • オプション: おぷしょん、 [InAppBrowser](inappbrowser.html) 。省略可能にする: location=yes(文字列)

    options文字列にはする必要があります任意の空白スペースが含まれていないと、各機能の名前と値のペアをコンマで区切る必要があります。 機能名では大文字小文字を区別します。 以下の値をサポートするプラットフォーム。

    • 場所: に設定 yes または no を有効にする、 InAppBrowser の場所バー オンまたはオフにします。 ## アンドロイドのみ
    • closebuttoncaption -"Done"ボタンのキャプションなります文字列に設定します。
    • 隠された- ブラウザーを作成し、ページを読み込むには、[はい] に設定されているが表示されません。 ロード イベントは、読み込みが完了したときに発生します。 省略または 'no' (既定値) を開くし、通常負荷ブラウザーに設定します。
    • clearcache - はオフにすると、新しいウィンドウが開く前に、ブラウザーのクッキー キャッシュを 'yes' に設定
    • clearsessioncache - をオフにすると、新しいウィンドウが開く前にセッション cookie のキャッシュを持っている 'yes' に設定 ## iOS のみ
    • closebuttoncaption -"Done"ボタンのキャプションなります文字列に設定します。自分でこの値をローカライズする必要がありますに注意してください。
    • 隠された- ブラウザーを作成し、ページを読み込むには、[はい] に設定されているが表示されません。 ロード イベントは、読み込みが完了したときに発生します。 省略または 'no' (既定値) を開くし、通常負荷ブラウザーに設定します。
    • ツールバー - は 'yes' または 'no' を InAppBrowser (デフォルトは 'yes') のツールバーをオンまたはオフに設定
    • enableViewportScale: に設定されている yes または no を (デフォルトではメタタグを介してスケーリング ビューポートを防ぐためにno).
    • mediaPlaybackRequiresUserAction: に設定されている yes または no を HTML5 オーディオまたはビデオを自動再生 (初期設定から防ぐためにno).
    • allowInlineMediaPlayback: に設定されている yesno デバイス固有再生インターフェイスではなく、ブラウザー ウィンドウ内に表示するインライン HTML5 メディアの再生を許可します。 HTML の video 要素を含める必要がありますまた、 webkit-playsinline 属性 (デフォルトはno)
    • keyboardDisplayRequiresUserAction: に設定されている yes または no をフォーム要素の JavaScript を介してフォーカスを受け取るときに、キーボードを開く focus() コール (デフォルトはyes).
    • suppressesIncrementalRendering: に設定されている yes または no (デフォルトでは表示される前にビューのすべての新しいコンテンツを受信するまで待機するにはno).
    • presentationstyle: に設定されている pagesheetformsheet または fullscreen (デフォルトでは、プレゼンテーション スタイルを設定するにはfullscreen).
    • transitionstyle: に設定されている fliphorizontalcrossdissolve または coververtical (デフォルトでは、トランジションのスタイルを設定するにはcoververtical).

サポートされているプラットフォーム

  • アンドロイド
  • ブラックベリー
  • iOS
  • Windows Phone 7 と 8

簡単な例

var ref = window.open('http://apache.org', '_blank', 'location=yes');
var ref2 = window.open(encodeURI('http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ハングル'), '_blank', 'location=yes');

完全な例

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>window.open Example</title>

    <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="cordova.js"></script>
    <script type="text/javascript" charset="utf-8">

    // Wait for device API libraries to load
    //
    document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);

    // device APIs are available
    //
    function onDeviceReady() {
        // external url
        var ref = window.open(encodeURI('http://apache.org'), '_blank', 'location=yes');
        // relative document
        ref = window.open('next.html', '_self');
    }

    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>